アパートリフォーム成功の秘訣

アパートと一般住宅のリフォームの違い

住居人が違う

アパートと一般住宅の一番大きな違いは入居者の単位です。一般住宅の場合は殆どが一世帯数人という構成単位ですが、アパートの場合は数世帯一人という構成単位になります。これはアパートリフォームを行う際には案外見落としてしまいそうですが、とても重要な要素となります。

具体的に言うと、一般住宅では1つで済む施設、例えばユニットバスやユニットキッチン、ガス給湯器、玄関ドアなどがアパートでは一部屋に1つ必要と言う事になります。それだけ一部屋にかかるリフォームコストがかかってしまうと言う事を理解しておく必要があると言う事でもありますね。

そして一部屋の広さはファミリー向けのマンションとは違いそれほど広くなると言う事はありません。ワンルームか1DKという間取りがボリュームゾーンとなるでしょう。その中に収納から水回りを配置しなければならないため、設備の充実度と居住スペースとのバランスがとても重要になってきます。

またエアコンなどの快適な住まいに必要な設備も各戸毎に必要になってきますね。これらの設備費は各部屋で統一することでコストを安く抑える事が出来ます。また、テレビアンテナは集合住宅用の大きなものにするのか、各戸毎に用意するのかあるいはケーブルテレビを導入するのかでもコストは大きく変わってきます。

業者選びの際に見積もりをしてもらった時、デザインはもとよりこのような部屋単位の設備にかかるコストがどのぐらいの比率を占めるのかも相談すると良いでしょう。その相談に親身になって乗ってくれる業者さんは心証も良いと思います。

アパートリフォーム成功の秘訣
アパートリフォームにあたって
アパートリフォーム
リフォーム会社の比較
アパートと一般住宅のリフォームの違い
リフォームのトラブル
デザインリフォーム
Copyright (C) アパートリフォーム成功の秘訣 All Rights Reserved