アパートリフォーム成功の秘訣

アパートと一般住宅のリフォームの違い

リフォームは大家が行う

一般家庭の場合リフォームを依頼するのは居住者ですが、アパートリフォームの場合は大家が行う事になります。入居者さんは勝手にリフォームしてはいけないのが原則であり、社会通念です。一般的な賃貸契約では退室時の部屋の状態は契約時への現状復帰が原則となっています。

しかしこの事は入居者さんから設備故障などの連絡が来た場合、大家は至急修理の手配等をしなければならない事や、先だってのテレビの地上波から地デジへの全国一斉移行の様な場合は移行期日までの設備変更をしなければならない事を意味しています。

アパート経営を不動産業者に一任する場合は窓口から工事手配までを不動産業者が受け持つことになりますが、自身で経営管理をする場合は一旦管理会社を経由してきた連絡を元に工事手配などは大家が行う事になります。したがってリフォーム業者を選ぶ時はアフターケアがどれほど充実しているかも選考基準の一つになると思います。

何かが起こった時、修理に時間がかかってしまっては入居者さんからの満足度は低くなってしまうでしょう。出来るだけ迅速に対処しないと水回りなどの故障の場合は入居者さんがその期間その部屋に戻れない事になりかねない為、場合によっては工事期間の宿泊代などの損害賠償を起こされる事もあるかもしれないからです。

しかもこれが一部屋だけでなく全室に影響が出る様な場合はその額も馬鹿にならない事になるでしょう。リフォーム業者を選ぶ時は実際にトラブルが発生した時にどれぐらい迅速に対処してくれるかも確認事項の一つに上げておきましょう。

アパートリフォーム成功の秘訣
アパートリフォームにあたって
アパートリフォーム
リフォーム会社の比較
アパートと一般住宅のリフォームの違い
リフォームのトラブル
デザインリフォーム
Copyright (C) アパートリフォーム成功の秘訣 All Rights Reserved