アパートリフォーム成功の秘訣

アパートと一般住宅のリフォームの違い

耐久年数

アパート経営をしていて、実際に利益が出始めるのは築後15年?20年を経過してからだと言われています。しかしこの時は建て替えか、リフォームかの選択が必要になる頃でもあります。この時建て替えに比べてリフォームの方が断然コストが安く上がると言う事は言うまでもありません。しかし、ここで考えていただきたいのがその建物の耐久年数です。

基礎がしっかりしていればリフォームもそれほど大げさなものにならなくて済むかもしれませんが、基礎の危うい物件の場合は15年もすると建て替えが必須になるかもしれません。こうなると工期も長期間になってしまい、入居者全員のその期間の宿泊代あるいは引っ越し代までを負担しなければならない可能性が出てしまいます。

初期コストは出来るだけケチらない方が後々の為となりますね。一方最近の家電製品の耐久年数は大体10年前後と言われています。エアコンなどの設備は大体10年を1サイクルとして考えておく必要があるでしょう。

一方予想が難しいのが通信施設です。今から十数年前までは電話回線しかありませんでしたが、それからISDNやADSLが一般的となり今では光通信に無線LANが当たり前となりました。

インターネットによる通信手段の劇的な変化は生活スタイルまでも大きく変える事になったのです。無線LANルーターは家電量販店で数千円で手に入るようになりました。このようにデジタル通信に関連する製品の場合、数年で価格が大きく下がる事があります。現代の入居者にとっては光通信に無線LANルーターが設備されていて当然と考えられているでしょう。このような時代の流れについては専門家のアドバイスが参考になると思います。

アパートリフォーム成功の秘訣
アパートリフォームにあたって
アパートリフォーム
リフォーム会社の比較
アパートと一般住宅のリフォームの違い
リフォームのトラブル
デザインリフォーム
Copyright (C) アパートリフォーム成功の秘訣 All Rights Reserved