アパートリフォーム成功の秘訣

アパートと一般住宅のリフォームの違い

外壁のリフォーム

アパートリフォームをするにおいて外壁のリフォームは見た目の印象を大きく変える事が出来るので新規入居者に対する訴求力という点では非常に有効な手段です。また入居者の一時退室の必要もなく、ペンキの塗り替えなら費用面でもそれほどの負担にはなりません。

最近の高機能ペンキを使えば塗るだけで雨風やサビにも強い壁にする事も出来ます。このようにメリットが多いためリフォームプランには是非加えていただきたいものですが、外壁のペンキ塗りだけで終わらせるべきではないとも思います。なぜなら外観のリフォームよりも内装のリフォームに手を入れた方が入居率は上がるというデータがあるからです。

入居後の快適さは内装による比重が大きいので当然と言えば当然のことですが、アパートの場合入居年数がマンションに比べて短いため、内装のリフォームはそこそこで済まされる場合が多い様です。

しかしアパートは新築から入居者が決まって行くため、見栄えも内装も新築と比べても遜色のないものにするか付加価値を付ける事で空室率を減らし利益を上げる事が出来るのです。アパート経営は一種のサービス業とも考えられます。

顧客(入居者さん)の満足度を上げるためには定期的なリフォームは必須条件と言るでしょう。備品として備えている家電製品の耐久年数は10年前後だと言われています。これに合わせて外壁と内装を含めた住宅設備全体のリフォームプランを建てておくようにすれば良いと思います。そういった面でもリフォーム業者さんとは出来るだけ長い付き合いをしたいものです。業者選びは慎重に行いましょう。

アパートリフォーム成功の秘訣
アパートリフォームにあたって
アパートリフォーム
リフォーム会社の比較
アパートと一般住宅のリフォームの違い
リフォームのトラブル
デザインリフォーム
Copyright (C) アパートリフォーム成功の秘訣 All Rights Reserved