アパートリフォーム成功の秘訣

アパートと一般住宅のリフォームの違い

設備の違い

アパートリフォームを行う時に気をつけたいのはアパートと一般住宅では住宅設備に大きな違いがあると言う事です。アパートやマンションなどの集合住宅は一部屋ごとが独立した住居であり、特にアパートの場合は単身者向けに設計された物件が多いと言う事になります。

入居期間も2年?6年程度が目安となるでしょう。一旦入居者が退室するとルームクリーニングは毎回行う必要があります。この時に設備の点検も含め、必要なら交換や修理などが必要です。

そしてアパートは賃貸住宅となります。内部の設備等は全て大家が管理する事になります。最近のアパートではユニットバスでトイレ別というのが流行です。また外食離れからユニットキッチンも従来の小さいシンクに一口コンロと言うものよりも、やや大きめのシンクで二口コンロの様なユニットキッチンが人気を呼んでいます。

これらの設備は一般住宅であれば一つあれば良いものですが、アパートでは全部屋に必要になってきます。また各部屋ごとにテレビが入りますのでアンテナは集合住宅用、電話線、光ファイバーケーブルなども全戸分必要です。このように一般住宅がリフォームするより一部屋ごとの設備コストがかかってしまいます。

全室リフォームする場合はこれらの設備は各個に揃えるより、同じものをまとめて揃えた方が割安になります。また一般住宅とアパートリフォームでは受けられる融資も変わってきます。アパートリフォームの資金として使えるのが公的融資でもある賃貸住宅リフォームローンです。これは公的制度ですので利息などが一般の銀行から融資を受けるよりも低く設定されています。アパートに関する国の公的制度には入居者の募集から家賃保証までが揃っているので積極的に利用してみましょう。

アパートリフォーム成功の秘訣
アパートリフォームにあたって
アパートリフォーム
リフォーム会社の比較
アパートと一般住宅のリフォームの違い
リフォームのトラブル
デザインリフォーム
Copyright (C) アパートリフォーム成功の秘訣 All Rights Reserved