アパートリフォーム成功の秘訣

アパートリフォームにあたって

打合せの記録化は義務

建設業法の改正によって「営業に関する図書の保存」が義務づけられました。この「営業に関する図書」とは「完成図」と「発注者との打合せ記録」の事で、法律ではリフォーム会社に10年間の保存を義務づけています。完成図は施行中に発生した仕様変更なども含めた図面の事です。

平面図、配置図、立面図、断面図などがあり、完成時の状態を正確に反映させる必要があります。この完成図があれば、メンテナンスや再度リフォームを行う際に、その図をもとにしてプランがたて易いと言うメリットがあります。当初の設計図だけでは調べるのに時間と手間がかかりコスト的にも無駄が多くなってしまいます。

一方発注者との打合せ記録とは工事内容に関して施工主と業者とが打合せした内容を記録したものです。打合せの流れの中で設備や建材の変更を行うのは良くある事ですが、この時の正確な記録がないとトラブルの元になってしまいます。例えば施工主が口頭でタイルの柄変更を伝えた場合、現場の方にそれが正確に伝わっていなければ証拠がない事になり言った言わないの水掛け論になってしまいます。

こうして工期が延長されたり、発注したものが違っていたりすると無駄なコストもかかってしまう事になるため、この打合せの記録は非常に大切なものと考えましょう。法律ではリフォーム業者に保存の義務を課していますが、施行主であるあなたも打合せの際にはボイスレコーダーを持ち込むなどして実際の打合せの模様を記録しておくとよいでしょう。

トラブルは施行後、実際に入居してからも起こりがちです。万が一訴訟を起こすような事態に発展した場合はこの記録が重要な証拠になります。こうした事に協力的な施工業者を選ぶというのも大切ですね。

アパートリフォーム成功の秘訣
アパートリフォームにあたって
アパートリフォーム
リフォーム会社の比較
アパートと一般住宅のリフォームの違い
リフォームのトラブル
デザインリフォーム
Copyright (C) アパートリフォーム成功の秘訣 All Rights Reserved