アパートリフォーム成功の秘訣

アパートリフォームにあたって

リフォームの出来る出来ないを知ろう

これまではアパートオーナーさんが施工主としてアパートのリフォームをするケースを前提に話してきましたが、この章では少し目先を変えてみたいと思います。アパートではあなたの知らない他人が入居してくる事になります。そこで入居者が勝手にアパートのリフォームを行った場合、どんな問題が生じるのかを見て行きましょう。

基本的には賃貸物件のリフォームの場合、オーナーの許可無しに行った場合は退室時に現状復帰させる事が原則となります。極端な話し、建物を支えている柱と梁さえいじらなければ、壁の位置を変えて間取りを変化させる事も現状復帰が前提なら可能という解釈になります。賃貸契約書にもその旨が記載されていて、大家さんには契約時の説明義務もあります。

しかしこれはアパートの専有部分についての話しで、分譲マンションなどの持ち物件でも集合住宅の場合は共有部分に関してのリフォームは勝手に出来ない事になっています。共用部分は建物全体の耐久性などに影響する部分や外観に影響する部分があるため入居者の一存で行ってはいけない事になっています。したがって渡り廊下や門扉の部分、ベランダ、ドアの変更は必ず事前に大家の許可を得なければならないのです。

一方、住宅設備の故障等で住人から連絡があった場合、オーナーさんは速やかに対処しなければなりません。これは入居者の居住性を確保する責任は大家さん側にあるからです。建物の専有部分と共用部分は図面を見ればすぐに分かります。

入居時の契約の際には入居者の権利の範囲をきちんと説明するためにも知っておきたい部分ですね。また住宅設備に関して大家さんが責任を持つ範囲としてトラブルになり易いのが空調設備、水回り、配電盤、電気設備です。これらは建物の耐用年数に合わせて定期的なメンテナンスとリフォームが必要になってくる部分です。

アパートリフォーム成功の秘訣
アパートリフォームにあたって
アパートリフォーム
リフォーム会社の比較
アパートと一般住宅のリフォームの違い
リフォームのトラブル
デザインリフォーム
Copyright (C) アパートリフォーム成功の秘訣 All Rights Reserved