アパートリフォーム成功の秘訣

リフォームのトラブル

退出から入居までは短期間!

アパートの場合は同じ賃貸でもマンションや一軒家と比べると同じ店子さんによる賃貸期間が短い傾向にあります。その理由は学生や単身者が多いからで、大体2年?6年程度で入居者が入れ替わる事になります。入居者さんの出入りが激しいという事は切れ目無く次から次に空室が埋まってくれれば言う事ないのですが、中々そうはいきません。実際には都心の場合でも空室率が上がっているような状態です。

長い期間空室であるというのはアパート経営にとっては不都合です。出来るだけ早く空室をなくするための努力が必要となります。アパートの場合は流行によって入居率に影響が出てしまうという宿命があります。

したがって定期的なリフォームは家賃収入を安定させるために必要な事になってくるのですが、出来るだけ短期間にリフォームを済ませ、順次工事終了した部屋から入居させる必要があります。

全面的なリフォームを行う場合は全室のリフォームが全て済んでから入居させるのではもったい無いので内装のリフォームが終わった部屋から順次入居者募集を行う方が良いでしょう。

そのためにはリフォーム会社との打合せ時に工期のスケジューリングを十分に行って、大家さんも把握しておく必要があります。また、現入居者の一時退室が必要な場合はそのための費用負担が発生する場合もあります。出来るだけ空室にしておく期間が短くなるようにリフォームにかけられる時間はあまり多くないと思いましょう。ただし、安普請はすぐにばれてしまいます。居住性の高さを維持する事は忘れてはいけません。

アパートリフォーム成功の秘訣
アパートリフォームにあたって
アパートリフォーム
リフォーム会社の比較
アパートと一般住宅のリフォームの違い
リフォームのトラブル
デザインリフォーム
Copyright (C) アパートリフォーム成功の秘訣 All Rights Reserved