アパートリフォーム成功の秘訣

リフォームのトラブル

発注と違うものが

建設業法の改正によって新たに制定されたのが「営業に関する図書の保存」です。これは施工に関するトラブルを防止するために制定されたもので、建築業者は10年間「完成図」と「発注者との打合せ記録」を保存する事が義務づけられました。打合せ記録とは工事内容について施主とリフォーム会社の担当者が打合せした事の記録の事です。

これは着工までの打合せに関してだけではなく、工事途中に変更等について打合せをした記録も全てという事になります。実はリフォームを行う際のトラブルは後を絶たないのです。

例えば予定していた壁紙の色がどうにも気に入らなかったので施主がリフォーム会社の担当者に壁紙の変更を伝えた場合、それが現場担当者に十分に伝わらず間違って元の壁紙が貼られたとしても、記録がなければ証拠もない事になり、最終的には言った、聞いてないの水掛け論になってしまう事もあります。

この場合、施主側の言い分が通らなければ、改めて希望の壁紙に変更する時にはコストが二重にかかってしまう事になります。この時にちゃんと記録が残っていれば間違えたのは施主なのか、リフォーム会社の方なのかが明確なので自分の指定したものに速やかに張り替えてもらう事も出来、コストも無駄にはなりません。

しかしここで問題なのがメールやファックスでやり取りしたものの場合はその履歴を保存しておくのは簡単ですが、電話や口頭で行った場合は保存するのが大変です。したがって記録を取る事をリフォーム会社に一任しておくだけではなく、ボイスレコーダー等を使って施主自身も引き渡しが実行されるまでは記録の保存を行う事を心がけましょう。

アパートリフォーム成功の秘訣
アパートリフォームにあたって
アパートリフォーム
リフォーム会社の比較
アパートと一般住宅のリフォームの違い
リフォームのトラブル
デザインリフォーム
Copyright (C) アパートリフォーム成功の秘訣 All Rights Reserved